bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アプリ教室 Macアプリ iPhone/iPadアプリ

iPhoneの音楽データをMacに移動するアプリEasyBee

投稿日:2016年5月18日 更新日:

iPhoneに入っている音楽データや動画などをMacへ移動することができるアプリがあります。

非常に便利なアプリなので,ご紹介します。

残念ながら日本語対応ではないが,操作は見たままで直感的に操作ができることと,直接iPhoneの中のデータを操作できないので,iTunesでのバックアップや同期の際,ライブラリを壊すこともないので安心して使えます。

iPhoneにある音楽データは通常パソコンへ移動はできない

iPhoneに音楽を入れる場合はiTunesを起動し,音楽のライブラリからiPhoneへ追加することは周知のことだと思います。

元々iTunesはパソコンに取り込んだ音楽をiPodに入れるという一方通行のアプリで,iPodからパソコンへ音楽を移動させるということはできません。

しかし,iPhoneが登場してバックアップにも使用するようになり,双方向のやり取りを行っているため,音楽の移動もできると勘違いされるようになっていきました。

理解していただきたいのはiOSデバイス(iPhone,iPod,iPad)に入っている音楽はiTunesStoreで購入したもの以外は,あなたがお持ちのPCから音楽を入れているということです。

前のMacが壊れたので新しくMacを買った

さて,あなたはiPhoneユーザーでMacユーザーで,MacのHDDが壊れてMacを購入したとします。

しかし,バックアップは無いとします。

「音楽データはiPhoneに残っているからいいや!」と思い,新しいMacでiTunesを起動してバックアップを行い,音楽も同期を行ったとします。

・・・・・iPhoneに音楽が入っていない「どこに行ったの?私の音楽データ!2,000曲も入っていたのに」・・・・・Ω\ζ°)チーン ご愁傷様です。

あなたの音楽はもう消えてなくなりました。

そう,新しいMacのiTunesの音楽ライブラリは空っぽなのです。

iTunesはMac(PC)に入っている音楽をiOSデバイスに送るわけですから,空っぽのライブラリと同期したら・・・・お分かりですよね。

そういうことで十分注意しましょう。

と言うか,バックアップはしっかり取っておこうよ!!って話です。

G-Technology (HGST) G-DRIVE mobile 1TB USB3.0対応 外付けポータブルハードディスク 【3年保証】 0G02755AZ

EasyBeeを入れておけばダイジョウブ

EasyBeeはiPhoneのフォルダ内のファイルをMacにコピペさせることができます。

http://www.easynlight.com/en/easybee/

ダウンロードは簡単です。

インストールも特に説明はいらないでしょう。

インストールが完了するとメニューバーの右の方にアイコンが現れます。

iPhoneをライトニングケーブルで接続し,コンピュータの認証を行うだけです。

デスクトップにHDDのマークが現れますので,Finderで確認してみて下さい。

 

解除する場合はメニューバーのアイコンをクリックし,一番上の「Turn EasyBee Off」をクリックすると消えます。

次回から接続した時に同じようにメニューバーのアイコンをクリックすれば「Turn EasyBee On」が出てきます。

 

このアプリはiPhone内のフォルダ/ファイルを直接削除はできません。

コピーしてMacへ移動することしかできません。

ココがこのアプリの良いところです。

もし,フォルダ内に直接書き込めたり,削除したりするとiTunesで操作を行う時にMac側のライブラリを壊してしまう可能性がありますので,それが防げるということを考えるととても良いアプリと言えます。

まとめとして

EasyBeeをインストールしておけば,バックアップがない場合でも大丈夫です。

iTunesで音楽同期を行う前にiPhoneから音楽データをMacにコピペしておきましょう。

そのフォルダをiTunesライブラリーに設定しておけば良いわけです。

しかし・・・再度言います。

バックアップは取っておこうよ!!!

-アプリ教室, Macアプリ, iPhone/iPadアプリ

Copyright© 教えてApple先生 , 2018 All Rights Reserved.