教えてApple先生

MacやiPhoneなどApple好きが使い方や設定,時々ガジェットや日常を書き溜めるブログ

iPhone トピックス

【最新】ジョブズ失望?新型iPhone8のほぼ確定した3つのリーク情報

投稿日:2017年8月22日 更新日:

9月13日に開かれるAppleの新製品発表の時に新型iPhone8がお目見えするという事はほぼ確定しています。

新型iPhoneはやはりiPhone7Sと7S PulsにiPhone8がエディションモデルで発売されるようです。

ネーミングはiPhone8EditionなんかよりiPhoneⅩ(テン)というネーミングのほうが格好いいのになぁ~と、思うのは個人的意見です!

いろいろ噂される新型iPhone8ですが、これはと思える直前リーク情報を3つお届けします。

リーク1 有機ELのiPhone8

出る出ると言われ続け、iPhone7で実現しなかった有機ELがiPhone8に搭載されるということです。

これはかなり信憑性が高く、すでにSamsung製曲面OLEDディスプレイを予定しているということです。

これって、GALAXY S8と同じじゃん!なんて言わないで下さい。

ベゼルの端まで画面というのはiPhoneファンとしては「やられた」感を覚えました。

VRとの組合せも正直優れているなとは思います。

ゲームや動画が端っこまで見えるって素敵だと思いませんか。

悔しいけれど、良いものは良いと認めた上で採用するということでしょう。

iPhoneがベゼル部分の局面までディスプレイになってiOSが動作することに意味がある訳です。

GALAXY S8ではiOSは動作しないということです。

当然ホームボタンも物理的なボタンではなくなる可能性が高いですね。

ボディサイズを小さくしても現行以上のディスプレイサイズを確保できるのですから魅力的です。

二番煎じですが・・・一番を好むジョブズが失望しそうです。

リーク2 LightningコネクタがUSB-Cに変わる?

 

 

これもまことしやかにささやかれているウワサですが、これはiPhone8だけでなくiPhone7S,7S PulsもUSB-Cに変わる可能性があります。

MacBook ProやMacBookの接続ポートがすべてUSB-Cタイプに変更されているのですから、母艦であるMacと接続するiPhoneとの間に「USB-C to USB-A変換ケーブル」を介在させること自体がおかしいわけです。

AppleはポートをすべてUSB-C(Thunderbolt3)に変更したがっていますので、新型iPhoneの接続がUSB-Cに変更されることは信憑性の高い話です。

とりあえずiPhoneの接続はLightningコネクタで接続ケーブルを「Lightning to USB-Cケーブル」にしてもらえると新しいMacを持っている人は変換アダプタも不要ですし、今まで「USB-C to USB-Aケーブル」を持っている人はそのまま使えますし、Appleさん、いかがでしょうか?

USB-CとThunderbolt3の違いってナニぃ?

巷の記事でUSB-CとThunderbolt3と出回っていますが、ややこしいですよね。

簡単に述べますとUSB-CはUSBの規格で、いろいろ出ているUSB規格を統一したものでデータ転送速度が10Gbpsとなっています。

Thunderbolt3はAppleの規格で形状をUSB-Cと同じ形にし、互換性を持たせていますが、Thunderbolt3同士のデータ転送速度が40Gbpsと圧倒的に速いです。

iPhoneとMac間の転送速度を考えると、従来のUSB-Aで接続するより、USB-C規格のThunderbolt3にした方が良いということです。

 

リーク3 ワイヤレス充電機能

これもApplewatchが電磁誘導充電なので、まことしやかにささやかれているウワサですが、電磁誘導充電のみの採用はないと思います。

AppleはQi(チー)規格という「ワイヤレス給電」の規格を取得していますので、採用するとすればQiになる可能性があります。

しかし、充電に時間がかかることと既に他の企業で多く採用されているということを考慮すれば、他のワイヤレス充電方式を考えていることは想像がつきます。

ワイヤレスや電磁誘導充電にしても、Lightning(USB-C?)ケーブルの他に付属品が増えることを好まないので、見送るのではないでしょうか。

Applewatchが電磁誘導充電なのは母艦であるiPhoneとの連携がBluetoothなので部品が増えるわけではないので採用しています。

現状はiTunesとLightningケーブルで母艦と音楽のやり取りやバックアップを行っているので、この部分が変更されないと付属品は増やさないでしょう。

今後、公共の場所にQiチャージマットが設置されるということや、Qiチャージマット内蔵家具などが増えるということを考えると採用を検討しなくてはいけなくなるのかもしれません。

ウワサではLightningケーブルを残しつつ、電磁誘導充電もできる方式を取るという事も言われています。

この磁気充電ケーブルはApple Watchと共有できるというウワサも出ているようです。

Appleらしく我が道を行って欲しいと思う反面、利便性も必要と感じるユーザも多いはずでしょうね。

Apple先生からの一言

Maccan azpon
新型iPhoneについてのウワサを3つ紹介いたしましたが、他にもガラス製ボディ、3Dセンシング技術、顔認証、防水性の向上など数限りないウワサがあります。

512GBのストレージを備えるというウワサもあります。

有機ELを採用すればGALAXYの真似っぽくなり、GALAXYなのかiPhoneなのか区別がつかなくなるんじゃないかと言った声もあるのも事実です。

個性がなくなればスティーブ・ジョブズも失望するかもしれませんね。

スティーブ・ジョブズのモットーである「そのすべてがシンプルであるべきだ。集中と簡潔が私のモットー」に立ち返って「信じられないほど複雑な問題を解き明かして、これのどれが難しかったんだと思わせるほど。その解決策を当り前でシンプルに見せることがAppleにおけるデザイン」という「画期的」なデバイスを期待したくなるのは私だけでしょうか。

初代iPhone発表から10年目という節目なので、ウワサどおり大幅に変化することを期待します。

おすすめ記事

-iPhone, トピックス
-, , ,

Copyright© 教えてApple先生 , 2017 All Rights Reserved.