iCloudデータを他社アプリで使用するなら2ファクタ認証で使用できる

Appleはどうしても2ファクタ認証を推し進めたいようです。

6月15日以降、他社アプリでiCloudのデータを使用するのならApp用パスワードが必要だということで、その際2ファクタ認証を有効にしないと作成できないらしいです。

広告

アプリにログインできません

突然アプリにログインできませんの表示が現れる。

これはセキュリティのためにサードパーティ製アプリでiCloudデータにアクセスするときに出てきます。

そういやメールが来ていた。

 

なるほどApp用パスワードが必要なんですね。

まぁ、それは仕方ないことかもしれませんね。

それで・・・えっ?2ファクタ認証を有効化しないとApp用パスワードができないの?

App用パスワード設定

設定は「Apple IDのアカウントページ」から行います。

 

通常にサインインして、といっても2ファクタ認証を設定していなければ「セキュリティ質問」が出てきます。

これを忘れていたらサインインできませんので、リセットを行います。

Apple Support

セキュリティ質問は iforgot.apple.com でリセットできます。 …

 

サインインできたら「セキュリティ」の右にある「編集」をクリック。

 

私はiCloudに関わるデータをサードパーティアプリで使用していないので出てきませんが、「App 用パスワード」「パスワードを生成」して下さい。

Apple Support

セキュリティ質問は iforgot.apple.com でリセットできます。 …

Appleがどうしても2ファクタ認証にしたがる理由は

Appleはパスワード流出を防ぐため、半ば強制的にでも2ファクタ認証を有効化させようとしています。

これは、2016年7月にiCloudのパスワードが4000万件流出する事件、2014年にも同様な流出事件により、端末デバイスをロックされ、解除するのに3〜5,000円程度の身代金?要求などの事件が起きていることを受けての防止策に思えます。

「Appleとしてはユーザのパスワード流出を未然に防ぐ努力をしています。

つきましてはユーザのみなさんも、とてもややこしく面倒くさいことですが、協力して下さい。」ということなのでしょうね。

2ファクタ認証にするとセキュリティはかなり高くなりますが、諸刃の刃で面倒くさいことも多く発生します。

関連記事

AppleはApple IDの認証方式をセキュリティ向上を考えて2ファクタ認証への移行を推奨しています。 Apple IDとパスワードと併せて信頼ができるデバイスに確認コードが届くため,個人利用の範囲なら,かなりセキュリティ強度が増しています。 広告 目次 1 Apple ID2ファクタ認証2 利用時の注意点は3 2ファクタ認証にした覚えがない4 Apple製品は何事もApple ID Apple […]

 

Apple先生がまとめます

Apple先生
「セキュリティは守りたいけれど面倒くさいことは嫌だ」「パスワードなどのプライバシーは企業が守るもんでしょ」なんていう時代は終わりです。

自分の身は自分で守るしかありません。

「信頼できるデバイスをなくした・壊した」「パスワードを忘れた」「セキュリティ質問を忘れた」etc…など、くれぐれもそういったことがないようにしましょうね。。

広告