bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

トピックス Mac

バッテリー膨張?MacBook Pro交換プログラム なんて面倒くさいなぁ

投稿日:2018年4月24日 更新日:

MacBook Pro 13インチ TouchBar無しにコンポーネントの故障で、内蔵バッテリーが膨張で交換プログラムを公開

Appleは、MacBook Pro 13インチ TouchBar無しにコンポーネントの故障で、内蔵バッテリーが膨張する場合があるとして交換プログラムを公開しました。

このMacBook Proは2016年10月~2017年10月に製造されたモデルで、最初の小売販売日から5年間、対象となるMacBook Proに対して適用するということですが、安全性に関わる問題はないとうことです。

自分のMacは対象期間のものだった

私が持っているMacBook Proはまさに2017年前半に製造されたものでしたが、シリアル番号を確認すると、対象外でした。

13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラム

13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラム - Apple サポート

現状は問題ないようですので、良かったです。

もし、発生した場合は対象シリアルが追加されることでしょう。

交換プログラムは面倒だ

MacBook Proバッテリー交換は面倒くさい

「交換してくれるなら、ギリギリになって交換プログラムを行えば、新品になるから良いんじゃない?」なんて思っている人いませんか?

Appleへ製品を送っても、再現しなければ交換はしませんし、時間がかかるだけ無駄です。

バックアップを行い、再度復元を行わないといけなくなるのでとても面倒です。

また、「交換プログラム」と言っても本体を交換してくれる訳では無く、バッテリーを交換するだけですし、保証期間が延長されるわけでもありません。

もし、4年半過ぎて「交換」しても、半年後にはビンテージ品となり交換はおろか修理受付も終わってしまいます。

「無事是名馬」・・・ノントラブルであることが一番です。

時々発生する「交換プログラム」

Appleの交換プログラム(Repair Extension Program)は年に一度くらい発生しますね。

交換/リペアエクステンションプログラム - Apple サポート

Mac本体では2015年の「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」がありましたね。

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム - Apple サポート

2012年中期 (Mid 2012)〜2013年初期 (Early 2013)のMacBook Pro15インチモデルですが、今年いっぱいでビンテージ品となりますので、このプログラムも、もうすぐ終了です。

何やかやあったのはiPhone 6 関連です。

特に「iPhone 6Sが突然シャットダウンする問題」は件数も多く、Apple リテールストア(ARS)、サポートセンター、Apple サービスプロバイダー(ASP)はてんてこ舞いだったという話を聞いたことがあります。

とは言えさすがにAppleサポートはしっかりしてる

最近では「交換プログラム」にはなりませんでしたが、2017年初頭にMacBook Pro 2016が画面のグラフィック乱れがあり、すぐに修理対応(1ヶ月程度待たされたといいますが・・・)すると言うことがありました。

トラブルが起きても早い時期に対処し、問題が大きいとなれば「交換プログラム」へ「昇格」します。

こういった対応は流石Appleといったところで、通常の国内外メーカーではあり得ない程の速さです。

Apple先生からの一言

Apple先生
Apple信者が増えるのはAppleのサポートを含め、優れたAppleユーザ体験(Apple User Experience)を得られるからではないでしょうか。

-トピックス, Mac

Copyright© 教えてApple先生 , 2018 All Rights Reserved.