教えてApple先生

MacやiPhoneなどApple好きが使い方や設定,時々ガジェットや日常を書き溜めるブログ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Mac教室 macOS システム

MacでChromeの動作が重くなったので行った3つの高速化

投稿日:2017年2月4日 更新日:

最近iMacの動作が遅くなったと感じています。

Macそのものが重いということもありますが,ブラウザの速度が遅いとMacが遅くなったような気がしてしまいます。

私はGoogle Chromeを使用しているのですが,最近とても重たく感じています。

起動が遅かったり,ブラウジングが遅かったり,クラッシュしたりとリリース当初の高速ブラウジングはどこに行ったのかと思うほどです。

Chromeはかなり肥大化しているんでしょうね。

そこで,Chromeを高速化することを3つ,試してみました。

1.履歴を削除する

 

chrome://history/ をURLのところに入れてアクセスします。

 

閲覧履歴やダウンロード履歴,Cookieなどのサイトデータやプラグインデータ,キャッシュされた画像とファイルなどにチェックを入れ削除します。

これは履歴が多いほど時間がかかります。

これはログインパスワードなどがクリアされるので注意してください。

2.拡張機能を見直す

Chromeを利用していると便利そうな拡張機能が数多くあります。

試しに入れてみたものも多く,動作を遅くしている原因の1つだと思われます。

chrome://extensions/ をURLに入れていただければ拡張機能にアクセスできます。

使用していない拡張機能を削除します。

3.使用運転機能を有効にする

chrome://flags をURLに入れてアクセスします。

使用運転機能でいくつかを有効にすることで高速化することも期待できます。

しかし,使用運転版なので何か問題が発生する場合もあるので注意して試してみてください。

otya.me

「しりわけ」さんのサイトに詳しく紹介していました。

とても参考になりましたので,感謝しつつ試してみました。

断然スピードアップした

しりわけさんの記事でも紹介していたOneTab機能などもやってみました。

プラグインはFlashPlayer以外は必要としないのでストップしました。

起動は若干早くなった程度ですが,ブラウジングが見違えるように高速化しました。

たまにメンテナンスすることで高速化することが出来るということですね。

 

注意

ブラウザのログイン情報などがクリアにされます。
個人の責任の下でメンテナンスを行ってください。
問題があった場合でも当方で責任を追うことはできませんのでご了承ください。

-Mac教室, macOS, システム

Copyright© 教えてApple先生 , 2018 All Rights Reserved.