当サイトはプロモーションを含みます

ホーム » Blog » MacのiTunesをターミナルを使って削除・再インストールする

MacのiTunesをターミナルを使って削除・再インストールする

iTunesの動きがおかしくなることがあります。

特にアップデートやOS Xアップグレード時に起きたりすることが多くあります。

今回はiTunesの削除・再インストールの方法を紹介いたします。

管理人も最近,iTunesを起動するとレインボーカーソルが回りっぱなしでどうにもならなかったので,削除・再インストールを行い改善しました。

iTunes不具合の原因は?

原因を考えればいくつか考えられます。

①iTunesライブラリーに原因がある

ライブラリーのファイルが何らかの原因で問題を起こしている場合があります。

  • ライブラリーを新たに作成して問題があるかどうかを確認する
  • Macで「test user」かなにかでユーザーを追加し,そちらでiTunesを起動して問題があるかどうかを確認する

②アプリの競合

何か他のアプリが起動していると起きる症状なら,そのアプリを終了して再度起動してみます。

特に常駐アプリをインストールした場合などに怒る可能性があります。

一つずつチェックしてみるしかありませんので、何れにしても手間がかかります。

そうだ,iTunesを削除・再インストールすればいい

Windowsの場合はアンインストールできるが,Macの場合OS X付属のアプリケーションということで削除できません。

ゴミ箱に移そうとすると「”iTunes.app”は Mac OS X で必要なため、変更または削除できません。」となります。

再インストールするということはOS Xのリカバリーから再インストールとなります。

手間ではないか!面倒くさいではないか!ですよね

ターミナルを使って削除する方法


そこで,ターミナルをから強制的に削除することを試みました。

まずiTunesは強制終了します。

ターミナルを起動します。

Finder移動ユーテリティターミナル


起動したら

$ cd /Applications/

のコマンドを実行します。

起動時に「$」があれば上記のコマンドは「cd」以降で大丈夫です。

ちなみに「cd」はディレクトリ間の移動コマンドです。

アプリケーションに移動しますので次のコマンドを実行します。

$ sudo rm -rf iTunes.app/
  • 「sudo」は指定したユーザーでコマンドを実行するということです
  • 「rm」はファイルやディレクトリを削除するという意味です
  • 「-rf」はいちいち聞かれずに,再帰的にディレクトリの中も削除です

UNIXコマンドは別でお勉強してください

要するに「iTunes.appを削除して」というコトです。

するとパスワードを求められます。

これはログイン時に使うパスワードで,アプリをインストールするときや削除するときに問われるパスワードです。

WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss or the deletion of important system files. Please double-check your typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.

なんて出てきますが「警告」だよということです。

削除が終わったらアプリケーションを確認してみてください。

消えていますか?

これはアプリを消しただけでライブラリー内のiTunesは残っています。

「安心してください!残っていますから」の世界ですww・・・2020年現在は古すぎるネタですね(汗)

iTunesをインストールする

ダウンロード – Apple (日本)

AppleのサイトからiTunesをダウンロードしてインストールします。

これは簡単な作業ですね。

起動後,設定も戻っていますので動作確認して終わりです。

どうやら今回はライブラリーや他のアプリではなかったようで,iTunes自体に問題があったようです。

下手にライブラリー操作して手間を掛けるより簡単です。

警告
これは管理人自身が自己責任で行ったことです 内容に関しまして何か問題が発生しても責任を負うことは出来ません くれぐれもバックアップを取るなりして自己責任で操作してください
Visited 1 times, 1 visit(s) today
上部へスクロール