当サイトはプロモーションを含みます

ホーム » Blog » 無料だったLastPassが有料化したのでBitwardenに乗り換えた〜移行方法とか

無料だったLastPassが有料化したのでBitwardenに乗り換えた〜移行方法とか

Apple信者の私ですが、ブラウザはChromeを使用しています。

理由はさて置き、Chromeでのパスワードの管理を「LastPass」で行っていたのですが、3月16日から選択したデバイス以外は利用できなくなり、有料化されるということです。

「改悪」という声もありますが、$3(約325円)/月くらいなら、高くは無いと思うので「払ってもいいんじゃない?」とも思いました。

しかし、無料で使えてたものが課金されるというのも何となく癪なので、いくつか検討した結果「Bitwarden」というパスワード管理アプリに乗り換えました。

LastPassからの移行はとても簡単

今まで「LastPass」を使用していましたので、そこからデータをエクスポートしてインポートしなくてはなりません。

Chrome拡張機能で「Bitwarden」をインストールし、アカウントを作成し、「Lastpass」からエクスポートされたデータをインポートします。

その後、Mac、iPhoneにもアプリをインストールしておきます。

Safariで使用する場合も拡張機能で追加できますので、その辺りを一気に変更します。

とても簡単にできるので、紹介しておきます。

Bitwardenのアカウントを作成する

こちらでアカウントを作成してもよいのですが、今回はChromeの拡張機能から作成いたします。

どこから作成しても問題は無いってことですw

右上の「Chromeに追加」を行います。

画面が切り替わったら上部の「Get Started」をクリックします。

メアド、名前、パスワードを作成します。

再度、ログイン画面に切り替わりましたら、ログインしてください。

LastPassからデータをエクスポート

ブラウザの「LastPass」をクリックします。


アカウントオプション→Advanced→Export→LastPass CSV File →ログインパスワードを入れて「Continue」して、CSVファイルをダウンロードします。

LastPass CSV ファイルをインポート

ダウンロードしたCSVファイルを「Bitwarden」にインポートします。


「Bitwarden」にログインします。

「ツール」→「データをインポート」→「インポートするファイル形式」→「LastPass(CSV)」を選択します。


ダウンロードしたファイルを選択し「データをインポート」します。

これでChromeでの設定が終わりましたので「LastPass」を削除します。

MacにBitwardenをインストール、Safariでも使えます

Macにもインストールしておけば、ブラウザだけでなく、その他のパスワードなどにも利用できますので、便利です。

これはAppStoreでダウンロードして、先程 設定したログインのメアドとパスワードで入ることが出来ます。

インストールすれば、Safariでも利用できます。


Safariも拡張機能を使用します。

すでにMacに「Bitwarden」はインストールしてあるので、環境設定を開きます。


そこに「Bitwarden」の項目がありますので、チェックを入れてください。



Safariを開いてツールバーにあるアイコンをクリックし、ログインすればOKです。

iPhone/iPadでも利用する

iPhone/iPadでも利用できます。

AppStoreで「Bitwarden」を検索しインストールします。

ログインすればOKですので、言わずもがなですw

注意点としては「設定」を行うということです。

「設定」→「パスワード」→「パスワードを自動入力」→「入力を許可」で「Bitwarden」にチェックを入れておいてください。

Apple先生がまとめます

Dr.Apple
Dr.Apple

「LastPass」は嫌いではないのですが、この際ですので乗り換えました。

他にも「1Password」や「iCloud Passwords」などありますが、かんたんに使えそうで、他のデバイスにも使えるなど、利便性も高そうなので「Bitwarden」をチョイスしました。

 

操作性の良し悪しは、使いながら判断していこうと思います。

 

Visited 1 times, 1 visit(s) today
上部へスクロール