当サイトはプロモーションを含みます

ホーム » Blog » iPhoneSE(第2世代) へ買い換えるのはiPhone8ユーザが妥当だろうな

iPhoneSE(第2世代) へ買い換えるのはiPhone8ユーザが妥当だろうな

iPhone SE(第2世代)が4月24日に発売されますが、iPhone SE(第1世代)の後継機種というより、iPhone 8の後継機種と考える方が正しいようです。

コンパクトで絶大な人気を誇った初代iPhone SE(第1世代)の4インチサイズは、残念ですが静かに消えていくこととなります。

簡単にiPhone SE(第2世代)のスペックを紹介

  • 4.7インチRetinaディスプレイ
  • A13チップ iPhone11Proと同じ
  • 4K 高解像度の4Kビデオ
  • touchID
  • 触覚touch
  • ワイヤレス充電
  • ポートレートモード:背景ぼかしが可能
  • QuickTakeビデオ:シャッター長押しでビデオ撮影に切り替えることができる
  • デュアルSIM
  • ステレオ録音
  • Wi-Fi6採用

iPhone8から進化したところは、当たり前なのですが、チップがA11 BionicからA13 Bionicへ進化しています。

カメラのポートレートモード、エフェクトやビデオがQuickTakeビデオが可能になったこと、デュアルSIMなどです。

iPhone SE(第2世代)は基本的にiPhone 8を踏襲している

スペックを比較してみました。

iPhoneSE(第1世代)iPhone8iPhoneSE(第2世代)
画面4インチRetinaディスプレイ4.7インチ
Retina HDディスプレイ
4.7インチRetina HDディスプレイ
-ガラスとアルミニウムのボディガラスとアルミニウムのボディ
認証Touch IDTouch IDTouch ID
チップA9A11 BionicA13 Bionic
耐水性-水深1メートルで最大30分間水深1メートルで最大30分間
容量32GB64GB64GB
128GB128GB128GB
--256GB
ディスプレイRetinaディスプレイRetina HDディスプレイRetina HDディスプレイ
800:1コントラスト比(標準)1,400:1コントラスト比(標準)1,400:1コントラスト比(標準)
True ToneディスプレイTrue Toneディスプレイ
最大輝度500ニト(標準)最大輝度625ニト(標準)最大輝度625ニト(標準)
-3D Touch触覚タッチ
高さ123.8 mm138.4 mm138.4 mm
58.6 mm67.3 mm67.3 mm
厚さ7.6 mm7.3 mm7.3 mm
重量113 g148 g148 g
カメラシングル12MPカメラ(広角)シングル12MPカメラ(広角)シングル12MPカメラ(広角)
広角:ƒ/2.2絞り値広角:ƒ/1.8絞り値広角:ƒ/1.8絞り値
-光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正
True ToneフラッシュTrue ToneフラッシュとスローシンクロTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
--ボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
--6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
写真のHDR写真の自動HDR次世代のスマートHDR(写真)
ビデオ4Kビデオ撮影(30fps)4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム
-ビデオの光学式手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正
----ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
--QuickTakeビデオ
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
--ステレオ録音
フロントカメラFaceTime HDカメラFaceTime HDカメラFaceTime HDカメラ
1.2MPの写真7MPの写真7MPの写真
ƒ/2.4絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値
--ボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
--6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
--映画レベルのビデオ手ぶれ補正
通信方式4G LTE4G LTE-Advancedギガビット級LTE
802.11ac Wi‑FiMIMO対応802.11ac Wi‑FiMIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
Bluetooth 4.2Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
NFCリーダーモード対応NFCリーダーモード対応NFC
エクスプレスカードエクスプレスカード予備電力機能付きエクスプレスカード
-FeliCaFeliCa
SIMカードnano-SIMnano-SIMデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

スペックから、ディスプレイやサイズ・重さなど、明らかにiPhone 8の後継であると言えます。

チップやカメラ、通信性能で、進化していなくては意味がありませんから、その辺りはiPhone 11並にパワーアップされています。

どうやら、iPhone SE(第2世代)は、初代iPhone SE(第1世代)というより、iPhone 8からの買い換えを狙っているようです。

iPhoneSE(第2世代) は第1世代(初代)の4インチは戻れない

4インチの初代iPhoneSE(第1世代)のファンは多いと思います。

4インチ筐体の持ちやすさ、コンパクトさは根強い人気があります。

しかし、A13 Bionicにアップグレードしたプロセッサの熱処理を行うには4インチの筐体では無理があります。

また、モデムやアンテナを小さくするとコストも掛かりますので、今後 4.7インチ以下のiPhoneが出てくることは無いでしょう。

価格は44,800円からとお買い求めやすくなっている

価格は、iPhone8を、2019年に値下げした価格より8,000円安くなっています。

iPhone 8iPhone SE(第2世代)
64GB¥52,800¥44,800
128GB¥57,800¥49,800
256GB値下げ時に廃止¥60,800

価格的には購入しやすい価格帯に落ち着いたと言ったところでしょうか。

Apple 先生がまとめます

Dr.Apple
Dr.Apple

iPhone SE(第2世代)は、初代iPhone SE(第1世代)が人気が高かったため、どうしても比較したくなるのですが、技術・時代の流れを考えると、大型化は必然だったのでしょう。

 

しかし、初代iPhone SE(第1世代)が販売終了したのが2018年ですので、2023年まではサポート可能になっていますので、まだまだ現役で使用できるということです。

 

iOSの対応については、OSの大きな仕様変更がない限り、可能と考えられます。
仮に、OSの大きな仕様変更があったとしても、セキュリティに関する修正は行うでしょう。

 

つまり、iPhone SE(第2世代)はiPhone 8の買い替え需要を狙ったもので、初代iPhone SE(第1世代)に代わるものでは無いということです。

 

Visited 1 times, 1 visit(s) today
上部へスクロール