当サイトはプロモーションを含みます

ホーム » Blog » App用パスワードは2ファクタだけでなく2ステップでも可能

App用パスワードは2ファクタだけでなく2ステップでも可能

Appleは6月15日から他社製のアプリでiCloudデータを使用する場合はApp用パスワードが必要になると同時に2ファクタ認証が必要になります。

しかし、AndroidでiCloudメールを利用している人はどうすればよいのでしょうか。

信頼できるデバイスがないので2ファクタ認証は得られません。

iCloudメールをAndroidで使用している人


Androidスマホしか持っていなくってiCloudメールを持っている人がいます。

それは、以前iPhoneを使用していてApple IDを取得し、iCloudメールを利用している人です。

iCloudメールはIMAPメールなのでIDとパスワードでサインインすれば、どんなメーラーにでも簡単に設定ができていたため利用している人が多いのです。

2ファクタ認証が得られないとApp用パスワードは利用できない?

この記事でも紹介したように、6月15日以前に、iCloudメールユーザには「6月15日よりApp用パスワードが必要です」というメールが配信されています。

Appleのメールapp以外のメーラーでiCloudメール受信を設定していると「ログインできません」と通知されます。

しかし、それには2ファクタ認証を有効にしないといけないのですが、Appleのデバイス以外は「信頼できるデバイス」になりません。

Androidスマホユーザは対応していないので困ってしまいます。

2ステップ確認が利用できる

Appleの記事をよく見て下さい。一番最初に書いていますね。


「2ステップ確認または2ファクタ認証に対応していない・・・」

ということは「2ステップ確認」をでのサインインを設定すればApp用パスワードが取得できるのです。

2ステップ確認は2ファクタ認証以前のセキュリティ強化の仕組みです。

2ステップ確認については下記記事に詳しく掲載されています

↑こちらから2ステップ確認の設定を行って下さい。

Apple IDのアカウントページ

2ステップ確認が設定できたら「Apple アカウントの管理」アカウントページのセキュリティのセグメントを確認して下さい。

App用パスワードが作成できるようになっています。

作成後、メールアプリのパスワード欄にそのパスワードを入力して下さい。

Apple先生がまとめます

Dr.Apple
Dr.Apple

Androidスマホを利用されている人はなるべく早めにGmailに切り替えることをおすすめします。

セキュリティレベルがどんどん強化されていくと2ステップ確認もいつ無くなってもおかしくありません。

今後のことも考えて、OSがiOS9以降のiPod Touchを持っていると良いかもしれませんね。

Visited 1 times, 1 visit(s) today
上部へスクロール