当サイトはプロモーションを含みます

ホーム » Blog » Appleをかたるメールに注意 Appleからのメールドメインはapple.comだ

Appleをかたるメールに注意 Appleからのメールドメインはapple.comだ

Appleをかたったフィッシングなどの詐欺行為が多発しているとのことです。 Appleから「◯◯して下さい」なんていうメールが届くと,ついクリックしてしまいますよね。 でも,注意して下さい。基本Appleからのメールドメインには apple.com のドメインが入っています。 ただしiCloud.comは例外です。

Appleからの届くメールのドメイン

フィッシングサイトは例えばicloudをlcloudに変えていたりすることもあります。 appleid-apple-icloud-support.comとか,apple-store-informations.com とかappleの文字やicloudなどの文字列を混ぜ込んでわかりにくくしています。 Appleからのメールドメインには次のようなものがあります

@orders.apple.com

Appleオンラインストアでの決済,配送などはこのドメインから届きます 領収書メールは、アナタが登録した住所が請求先として記載されています。 偽メールには、住所記載がありませんので、注意して見て下さい。

appleid@id.apple.com

Apple ID関連はこのメールドメインで届きます。 Apple ID変更やサインインの確認などはこのドメインで送られてきます

no_reply@email.apple.com

iTunesStoreやAppStoreなど,アプリや楽曲などの購入後に送られてくるメールドメインです。

@apple.com

Appleのサポートから送られるメールドメインです。 サポート後の挨拶や,資料などを送ってくれる時のメールドメインです。

末尾にapple.comが入っている

基本,メールドメインの最後にapple.comが入っています。 また,Appleから以下の情報を送信するようなメールは絶対に届きません。

  • 社会保障番号
  • 母親の旧姓
  • クレジットカード番号の全桁
  • クレジットカードのセキュリティコード
こういった情報送信依頼があれば間違いなくフィッシング(詐欺)メールです。 くれぐれも注意して下さい。 Apple ID に関する問い合わせや変更がある場合、名前と関連Apple ID が明記されて来いますので、それが無い時点でフィッシング(詐欺)と疑っても良いでしょう。

フィッシング(詐欺)にあったと思ったら

  1. パスワードの変更を行いましょう。これは基本中の基本です。 Appleに限らず,どんなサイトでも同じです。
  2. クレジットカードの請求もチェックして下さい。 身に覚えがない請求があればすぐに問い合わせましょう。
  3. 2ファクタ認証を有効化にして第3者がサインインした場合も信頼できるデバイス,つまりアナタのiPhoneやMacに確認コードが届くようにしておきましょう。

Apple先生がまとめます

Dr.Apple
Dr.Apple
Appleからのメールはapple.co.jpやapple.infoなんか使っていません。 apple.comが最後につくものを使用していますので,くれぐれも注意して下さい。 ただしiCloud.comは例外です。
Visited 1 times, 1 visit(s) today
上部へスクロール